【NO.7】初めて会ったときの会話

( 2011年12月26日更新・作成)

【NO.1】デリカシーな心が大事 

初めて会ったときの会話

 まずはお互いに自分のことを話すことです。自分の過去や現在、将来の夢などをフランクに話すことです。フランクな気持ちになって、つくろわずに話しすることで、お互いの距離はぐっと近<近く感じるものです。

  1. 家族紹介 
  2. 幼稚園のときの自分 
  3. 小学校のときの思い出 
  4. 中学校のときの自分 
  5. 自分の持ち味や長所 
  6. いちばん感動した体験 
  7. ほめられてうれしかったこと 
  8. 自分が望んでいる家庭生活 
  9. いちばん楽しかったこと 
  10. 今、いちばんやりたいこと 
  11. いちばんリラックスした体験 
  12. 自分の父、母 
  13. 自分の趣味 
  14. 仕事で一番やりがいを感じたとき 
  15. 自分はこんな人に成長したい。

 「以心伝心、目は口ほどに物を言う」という言葉は、恋愛期間に入ったときの言葉です。

 先ずは、ロを開いてい、何でも話をすることです。

03050